千葉県旭市立嚶鳴小学校(おうめいしょう)よい子(豊かな心) できる子(確かな学力) 元気な子(健やかな体)

教育活動







いじめ防止等のための対策に関する基本方針 
旭市立嚶鳴小学校 
 いじめに対する基本認識
 「いじめ」とは、「児童に対して、当該児童が在籍する学校に在籍している等当該児童と一定の人的関係のある他の児童が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものも含む。)であって、当該行為の対象となった児童が心身の苦痛を感じているもの。」とする。なお、起こった場所は学校の内外を問わない。
1 すべての子どもと大人が「いじめはどの学校でも、どの学級でも、どの子どもにも起こり得る」という認識をもつ。
2 いじめは人権侵害・犯罪行為であり、絶対に許さない。いじめをはやしたてたり、傍観したりする行為もいじめる行為と同様に許されない。
3 いじめられている子どもの立場に立った親身の指導を行い、絶対に守り通す。
4 いじめる子どもに対しては、毅然とした対応と粘り強い指導を行う。
5 家庭・学校、地域社会など全ての関係者が連携し、それぞれの役割を果たし、一体となって真剣に取り組む。
 具体的な取り組み
1 未然防止に向けて
 人権尊重の精神に基づく教育活動を展開するとともに、子どもたちの主体的ないじめ防止活動を推進する。
(1)日頃から児童対教師、児童対児童の好ましい人間関係を築き、児童の自己肯定感や自己有用感を味わえるよう、授業や学級経営を工夫する。
(2)わかる授業づくりを心がけ、すべての児童が参加・活躍できる授業を工夫する。そのため、年間に一度は公開授業を行って授業を参観し合う機会を設け、授業改善に努める。
(3)チャイムが鳴ったら着席する、授業中は正しい姿勢でいるなどの学習習慣の徹底や、発表の仕方・聞き方の指導等、規律ある生活を心がけさせる。
(4)子どもがいじめ問題を自分のこととして考え、自ら活動できる集団づくりに努める。
(5)道徳や行事、体験活動を通して規範意識や集団の在り方等について、計画的に学習を深める。特に4月下旬や9月上旬には、いじめに関する授業をどの学年でも必ず実施する。
  ・いじめゼロ宣言の「はなす勇気」については具体的に説明する。
(6)学校生活での悩みの解消を図るために、相談箱や教育相談を活用する。また保健室に来室した児童からの相談にも十分対応する。
(7)教職員の言動でいじめを誘発・助長・黙認することがないよう細心の注意を払う。
(8)常に危機感をもち、いじめ問題への取り組みを定期的に点検して、改善充実を図る。
(9)教員研修の充実、いじめ相談体制の整備、相談窓口の周知徹底を行う。
(10)関係機関と定期的な情報交換を行い、日常的に連携を深める。
(11)いのちを大切にするキャンペーン等を通して、児童と保護者が共にいのちの大切さについて話し合う機会を設けるなど、保護者への啓発活動を行う。
(12)道徳教育、いのちを大切にするキャンペーン、豊かな人間関係づくり実践プログラム等を、計画的、組織的に行う。

2 早期発見に向けて
 いじめは、大人の目の届きにくいところで発生しており、学校・家庭・地域が全力で実態把握に努める。
(1)子どもの声に耳を傾ける。
 @ いじめに関するアンケート(生活アンケート)を定期的に実施する。
 A 各学期に一度教育相談週間を設け、すべての児童と担任が面談を行う。
 B 相談箱を利用し、児童や保護者等の悩みや相談に随時対応する。箱の解錠は養護教諭が行う。
 C 必要に応じ、随時個別面談を実施する。
(2)子どもの行動を注視する。
 ・ 授業中・休み時間・清掃活動・部活動等において、児童の観察に努め、いじめの発見に最大限の努力をし、些細なことも見逃さずに対応する。
 ・教師間で気づいた情報を確実に共有する。
(3)家庭や地域等と情報を共有し、学校外での児童の様子を把握する。
 @ 連絡帳、電話・家庭訪問、PTAの会合等、保護者と情報を共有し、児童の変化に敏感に気付けるようにする。
 A 地域行事への参加、関係機関との情報共有等、日常的に連携する。
(4)「いじめのサイン発見シート(文部科学省)」を活用し、いじめがあった場合の児生徒の態度や行動の変化の特徴を保護者に示し、速やかに学校に相談する等の啓発動を行う。

3 早期解消に向けて
 いじめ問題が生じたときには、別に定める「いじめへの対応の基本的な流れ」に基づき、あくまで組織として詳細な事実確認と早期の適切な対応を行い、関係する子どもや保護者が納得できる解消を目指す。
(1)学級担任等が抱え込むことのないように、学校全体で組織的に対応する。
(2)いじめられている子どもや保護者の立場に立ち、詳細な事実確認を行う。
(3)指導や支援の方策について話し合い、必要に応じて関係機関と連携を図りながら関係者(保護者・傍観者等も含む)に対して適切な措置を行い、再発を防止する。
(4)いじめた側の児童には、行為の善悪をしっかり理解させ、反省・謝罪をさせる。また、被害児童の保護を最優先し、報復を受けない手立て(いじめた側の出席停止措置も含む)を立て、実行する。
(5)校長は事実に基づき、子どもや保護者に説明責任を果たす。
(6)法を犯す行為に対しては、早期に警察等に相談して協力を求める。
(7)いじめが解消した後も、保護者と継続的な連絡を行う。
(8)調査結果の提供及び報告
 @ いじめられた児童及びその保護者に対し、事実関係など必要な情報を適切に提供する。
 A アンケート調査する場合は、調査に先立ち、調査対象の児童や保護者に、いじめられた児童及び保護者に情報提供することがある旨を説明する。
 B 調査結果は旭市教育委員会を通して、重大事態の場合は、市長に報告する。

4 いじめ防止等のための校内組織
(1)いじめ防止委員会
 本基本方針の策定や見直し等、いじめを防止するための方針について検討する。
  校長、教頭、教務、特別支援学級担任、生徒指導主任、低・中・高学年代表各1名、
  養護教諭、教育相談部、スクールカウンセラー(生徒指導委員会と同じメンバー)
(2)いじめ問題対策委員会
 いじめの発生またはその疑いがあるときは、「いじめ問題対策委員会」を設置する「いじめ問題対策委員会」は必要に応じ、適切な専門家を加えるものとする。(重事態にも対応)
  校長、教頭、教務、生徒指導主任、養護教諭、教育相談部、スクールカウンセラー関係職員
 ※重大事態とは
  一 いじめにより当該学校に在籍する児童生徒等の任命、心身又は財産に重大な被害が生じた疑いがあると認めるとき。
 二 いじめにより当該学校に在籍する児童生徒等が相当の期間学校を欠席することを余儀なくされている疑いがあると認めるとき。
                        (いじめ防止対策推進法の第二十八条より)

5 いじめの相談窓口
(1)校内
 @いじめ相談窓口
  学級担任、生徒指導主任、養護教諭
 A学校生活相談窓口(学校生活全般を含む)
   担当者 教頭 0479−55−2161
(2)校外
 @24時間子供SOSダイヤル 0570−0−78310(なやみいおう)
 A教育相談専用ダイヤル    0479−23−5954

6 その他
 「取組評価アンケート」の実施、及び保護者・職員による学校評価をもとに、いじめへの対応を振り返り、本基本方針の見直しをする。


このページの先頭へ

嚶鳴小学校ホームページ   (旭市共通版)
旭市共通版には、以下のページがあります。
・ニュース&トピック
・学校の沿革
・学校の概要
・目標・方針・特色
・校歌
・年間行事予定

千葉県旭市立嚶鳴小学校

〒289-2604
千葉県旭市高生3610番地

TEL :0479-55-2161
FAX :0479-55-6194