旭市立干潟中学校  
メニューをスキップして本文へ


このサイトに掲載している画像、文章、その他の情報の無断使用はご遠慮ください。





薬物乱用防止教室

【2月25日(木)】



 2月25日(木)、海匝健康保健センターから薬剤師の方を講師に招き、3年生を対象に「薬物乱用防止教室」を開催しました。「薬物の乱用防止について」という題で薬物の種類や乱用の意味を知り、薬物に対する正しい理解を深めることができました。また、講師の先生方から「薬物の誘惑に負けないために、日常生活の充実が何よりの予防策である」と話されていたことが印象に残りました。

◎薬物を使わせる誘い文句
  ・一度だけなら大丈夫  ・やめようと思えばいつでもやめられるよ
  ・ダイエットに効くんだよ  ・勉強に集中できるよ
◎薬物の誘惑に負けないために
  ・薬物に関する知識を深める  ・依存症は「難病」であることを知る
  ・薬物乱用が犯罪であることを知る  ・周囲を不幸にすることを自覚する

☆生徒の感想(抜粋)
  ・もし、薬物をやろうと誘われても断れる勇気を持ちたいと思う。そして薬物
   に頼らなくても生きていけるように自分の生活を充実させていきたいと思
   います。
  ・DVDで実際に薬物を使ってしまった人の話を聞いて、薬物は依存性が
   高く、一度使ってしまうとなかなかやめられないとても危険なものと再認
   識することができた。
  ・今日教えていただいたことを忘れずにし、絶対に手を出さないようにしま
   す。
  ・覚醒剤を使った人が描いた絵はとても衝撃的だった。たった一度使った
   だけでも身体に大きな異常が生じてしまったり、そこから立ち直る難しさ
   や大変さなどがわかったので手を出さないように気をつけていきたい。



前のページへ ページの先頭へ