旭市立富浦小学校  
メニューをスキップして本文へ


このサイトに掲載している画像、文章、その他の情報の無断使用はご遠慮ください。




目標・方針・特色

(平成29年度)


1. 平成29年度 旭市立富浦小学校 学校経営の概要

学校教育目標
 自ら考え、 心豊かでたくましい子どもの育成
 
 目指す児童像
  (1)笑顔ニコニコ   さわやか挨拶 (基本的生活習慣の確立)
  (2)瞳キラキラ すすんで学習  (確かな学力)
  (3)感動ワクワク ひびく歌声  (豊かな心)
  (4)行動キビキビ すみずみ清掃 (健やかな体)
  *希望の登校、満足の下校
 めざす学校像
  (1)児童一人一人が大切にされ、個性が輝く学校
  (2)さわやかな挨拶と笑顔があふれる学校
  (3)安全・安心で、地域に開かれた学校
 めざす教職員像
  (1)明朗快活で、何事にも情熱を傾ける教職員(情熱)
  (2)自分の得意分野を生かすと共に、互いに高めあう教職員(協働)
  (3)研修と修養に努め、わかる授業を実践する教職員(授業力)
  (4)児童一人一人の良さを見いだし、伸ばすことに努める教職員(指導力)
 願う家庭像
  (1)家族の時間を大切にし、学校の話題を笑顔で語り合う家庭
  (2)子どもを信頼し、依存から自立への成長を見守れる家庭


2.学校経営の方針

(1) (生きる力の育成)県・市の学校教育指導の指針に即し、子どもや地域の
  実態を踏まえ「生きる力」の育成に努める。
(2) (教職員の学校経営への参加)全職員のパワーと英知を結集し、職員間
  及び職員と子どもの絆を深め、創造性豊かな学校づくりを目指し、職員一
  人一人が積極的に学校経営に参加、協力する経営を推進する。
(3) (授業改善)各教科の基礎基本の定着、その活用力の向上、言語活動を
  重視した授業改善に努める。
(4) (集団づくり・個の育成)認め、励ましあう集団づくりを計画的に実践し、子
  どもの個々に応じた自己肯定感、自己有用感、規範意識等を醸成する。
(5)(組織マネジメントの機能を生かした学校経営) 組織マネジメントの機能を
  生かした学校経営を進めるとともに、学校・保護者・地域住民の連携を深
  め、開かれた学校づくりを推進する。


3.経営の重点

(1)「確かな学力」の育成
 〇学ぶ姿勢の継続的な指導 〇学習形態の工夫 
 〇実態に応じた指導の工夫
 〇体験活動を取り入れた総合的な学習の時間の充実
 〇読書に親しむ態度の育成
 〇教育機器の効果的・日常的な活用 〇家庭学習の習慣化
(2) 「思いやりのある豊かな心」の育成
 〇道徳の指導の充実
 〇「さわやかな挨拶」を合言葉に「あいさつ運動」の実施
 〇教室内の整理整頓・清掃指導(心磨き)の徹底
 〇異年齢集団活動の活性化
 〇いじめゼロへの取組  〇歌声響く学校づくり
(3) 「健やかな体」の育成
 〇運動に親しむ態度と運動能力の向上 
 〇「早寝・早起き・朝ごはん」の習慣化
 〇毎日元気に登校できる基本的な生活習慣の育成
 〇「遊・友スポーツランキングちば」への積極的な参加及び外遊びの奨励
 〇集団行動の継続的な指導
(4) 「望ましい勤労観・職業観」の育成  
 〇職場見学(ゆめ・仕事ぴったり体験)、ボランティア活動等の充実
 〇望ましい勤労観、職業観の育成
(5)「グローバル化に対応した教育」の推進
 〇外国語教育の充実⇒英語に親しみ、主体的にコミュニケーションしようと
  する態度を育成
 〇地域行事への積極的な参加による郷土愛の育成
(6) 「地域とともに歩む学校づくり」の推進
 〇学校公開や学校評価の実施による学校改善への活用 
 〇学年・学校便りやホームページを通じての学校教育活動理解
 〇地域や関係諸機関との連携による 児童の安全確保・健全育成
(7) 「安全・安心な学校づくり」の推進 
 〇継続的な栽培活動の推進   〇施設設備の安全保持
 〇学校防災、交通安全、不審者対策等の安全教育の充実
(8) 「一人一人の教育的ニーズに対応した特別支援教育」の推進
 〇特別演技支援コーディネーターを中心とした児童支援体制の整備と推進
 〇個別の指導計画の効率的、効果的な活用による継続的な児童支援
 〇生徒指導の機能を活かした授業の展開 
 〇教育相談活動の充実による児童理解に基づいた教育活動の推進
 〇ユニバーサルデザインの視点を取り入れた環境の整備と授業の実践   
 〇居住地校交流を含めた交流活動の推進
(9) 「小中連携」の推進
 〇地域や児童生徒についての共通理解と課題意識の共有
                       (旭一中学区小中連携)
 〇小中一貫教育の視点に立った具体的行動目標の設定と指導
 〇学校・家庭・地域関係機関との連携した指導
 〇矢指小との小小連携
(10) 「教職員の資質向上」の充実
 〇職員相互の情報交換や、OJTの充実による若手教員、ベテラン
  教員の教育力向上
 〇小中・小小交流の推進及び研修講座への参加
 〇校内モラールアップ委員会の活性化による教育公務員としての
  使命感と不祥事防止の意識高揚
 〇校務の効率化による勤務時間の適正化
 〇「校長室だより(公孫樹)」による啓発   




前のページへ ページの先頭へ