旭市立干潟小学校  
メニューをスキップして本文へ


このサイトに掲載している画像、文章、その他の情報の無断使用はご遠慮ください。




目標・重点


干潟小学校グランドデザイン(平成31年度)   (PDFファイルが開きます)

干潟小学校グランドデザイン(平成30年度) (PDFファイルが開きます)

干潟小学校グランドデザイン(平成29年度) (PDFファイルが開きます)


学校教育目標

『拓き 輝き 高め合う 干潟っ子』
  「考える頭 元気な心 強い体」

   ひ…ひらめく(考える頭)
   が…がまんづよく(元気な心)
   た…たくましく(強い体)


具体目標

【めざす児童の姿】
○確かな学力と思考・判断・表現力のある干潟っ子
○豊かな心と明るい社会性のある干潟っ子
○やり抜く意志と健やかで体力のある干潟っ子

【めざす学校の姿】
○児童一人一人を大切にして、生き生きと活動する学校
○清潔で、明るいあいさつと笑顔のあふれる学校
○安全・安心な学校づくりに努め、家庭や地域に信頼される学校

【めざす教師の姿】
○愛情豊かで、厳しさと温かさを兼ね備えた教師
○健康で明るく、教育への情熱と使命感を持つ教師
○教師力の向上に努め、児童や保護者、同僚から信頼される教師
 
【願う家庭の姿】
○家族の時間を大切にし、学校の話題を笑顔で語り合う家庭
○家族の一員としてお互いを尊重し、積極的に協同できる家庭
○子どもを信頼し、自立への成長を見守れる家庭


平成31年度の重点
 

◇基本方針◇
  未来を拓く、心豊かでたくましい干潟っ子を育成するために、知・徳・体の調
  和のとれた教育を推進するとともに、安全・安心で明るく楽しい学校づくりを
  目指す。

(1) 確かな学力の育成
   @新学習指導要領への円滑な移行
   ・教育課程の工夫・改善(カリキュラム・マネジメント)を推進します。
   ・前年度の実施状況の反省を踏まえ、的確な実態把握に基づき、教職員
     の創意工夫を活かした教育課程の編成・実施に取り組みます。              
   ・指導内容を分析・評価し、学習活動の質的向上を図ります。
   ・新しい学習評価の観点に基づいた評価方法を模索します。
  A 学習指導の充実
     ・「主体的・対話的で深い学び」の実現を目指し、習得・活用・探究の学習
    プロセスを意識した授業の構成に取り組みます。
   ・体験的な活動・交流の場・作品づくり等の工夫をし、思考力・判断力・表
    現力を育むために授業の工夫・改善を図ります。
   ・学習意欲の喚起と干潟授業づくり7点セットを活用します。
   ・一人一人を大切にした「わかる授業」の推進に努めます。
     (実感を伴った理解) 
   B家庭学習の確立(家庭学習の徹底と検証の実施)
   ・家庭学習の目標時間を設定し、学習時間の確保と自主学習の奨励を推
    進します。
    (1年生20分、2年生30分、3年生40分、 
      4年生50分、5年生60分、6年生70分)  
   C 学習環境の整備
   ・国語・算数等、基礎的・基本事項習得のための時間を確保します。
   ・干潟ドリルの活用と読書の奨励を全校体制で行います。
   D 職員研修の推進(道徳科・外国語活動と新しい学習評価への対応)

(2) 確かな児童理解に基づいた生徒指導の充実
   @ 個に寄り添った生徒指導の推進
   (確かな児童理解・自己決定の場を重視・自己肯定感の伸長)
   A 早期発見(気づきの力を磨く)・早期対応の推進
   B チーム支援(保護者も支援者の一人)の充実
(3) 家庭・地域ともに歩む学校づくり
   @ PTA・近隣の学校・地域との共働
   A 教育情報の発信と成果の共有
   B 地域交流活動への積極的参加 




前のページへ ページの先頭へ