旭市立共和小学校  
メニューをスキップして本文へ


このサイトに掲載している画像、文章、その他の情報の無断使用はご遠慮ください。




目標・方針・特色

(平成29年度)


学校教育目標

学校教育目標 「自ら学び、心豊かに、たくましく生きる児童の育成」

■めざす児童像■

 【 知 】  進んで学び、自信をもって考えを表現する子

 【 徳 】  豊かな心を持ち、思いやりのある子  

 【 体 】  心身ともにたくましく、がんばりぬく子

 《きょうわ 3D》 
   進んで勉強ができる 
   進んで挨拶ができる 
   進んで運動ができる


経営の重点

1 『だれもが尊重される潤いのある学校』づくりに努める
@目標に向かって努力する子を育てる。
A文化活動や運動に親しむ子を育てる。
B美しい学校環境の整理に努める。

2 『確かな学力』を育む
@個に応じたきめ細かな指導により、基礎的・基本的な知識技能の習得を十分図る。
A「主体的・対話的で深い学び」の実現のため体験的、問題解決的な学習を充実する。
B読書活動と家庭学習の習慣化を進める。

3 『思いやりのある豊かな心』を育む
@コミュニケーション能力を高め、豊かな人間性や社会性を育む。
A児童の道徳的実践力を高めるための体験活動を推進する。

4 『健やかな体』を育む
@運動に親しむ資質・能力の育成と体力の向上を図る。
A健康な生活を実践する能力と態度の育成を図る。

5 『望ましい勤労観・職業観』を育む
@発達段階に応じたキャリア教育を推進し、「働くこと」の関心・意欲の高揚を図る。
A自己の将来や生き方を考える指導に努める。

6 『グローバル化に対応した教育』を進める
@自己の考えなどを主体的に発信する力を育てる。
A英語教育の充実を図る。

7 『地域とともに歩む学校づくり』を進める。
@保護者や地域から信頼される学校づくりを推進する。
A積極的に情報を発信し地域と連携した開かれた学校づくりを推進する。

8 『安全・安心な学校づくり』を進める。
@学校施設・設備や環境整備に努める。
A安全教育の徹底と危機管理体制の確立を図る。

9 『一人一人の教育的ニーズに対応した特別支援教育』を進める。
@個に応じた教育課程の編成と教育実践に努める。
A家庭・地域及び関係機関と連携した支援体制の整備を推進する。




前のページへ ページの先頭へ