旭市立中和小学校  
メニューをスキップして本文へ


このサイトに掲載している画像、文章、その他の情報の無断使用はご遠慮ください。




学校の沿革


明治10年 徳西寺(清和甲54番地)を借用して諸徳持小学校を開校
明治13年 小学校令により清和小学校と改称
明治21年 郡区市町村制により4村が合併し荘内村が誕生。荘内尋常小学校と改称
明治27年 高等科を増設し中和尋常小学校と改称(児童数160人)
大正8年 校舎新築落成
昭和10年 講堂落成
昭和16年 国民学校令により中和国民学校と改称
昭和22年 新学制により中和村立中和小学校と改称
昭和23年 PTA結成
昭和29年 新校舎落成
昭和30年 3村合併により干潟町誕生。干潟町立中央小学校と改称
昭和36年 完全給食開始
昭和38年 プール竣工
昭和42年 90周年記念校歌制定(児童数319人)
昭和51年 千葉TVにて本校の音楽授業を放映
昭和52年 創立百周年記念式典挙行(児童数195人)
昭和55年 プール完工
平成元年 新校舎竣工(児童数206人)
平成3年 校門下押しボタン式信号機設置
平成8年 校舎東側崖土留め工事完工
平成9年 コンピュータ5台導入
平成12年 校舎北側崖土留め工事完工
コンピュータ5台導入、計10台となる。
インターネット接続開始、校内LAN化
平成13年 プール浸水防止アスファルト化完工
平成14年 普通教室黒板照明灯設置
西側急傾斜地土留第一期工事完了
平成15年 西傾急傾斜地土留工事完了
新体育倉庫完成
平成16年 東側門扉設置・正門坂舗装工事完了
平成17年 市町村合併により「旭市立中和小学校」と改称
平成18年 階段フロアー張替え
平成22年 アプローチ新設工事完了



前のページへ ページの先頭へ