旭市立古城小学校  
メニューをスキップして本文へ


このサイトに掲載している画像、文章、その他の情報の無断使用はご遠慮ください。




学校いじめ防止基本方針

1 いじめの定義といじめに対する基本的な考え方

いじめの定義 
 児童等に対して,当該児童等が在籍する学校に在籍している等当該児童等と一定の人間的関係にある他の児童等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。)であって,当該行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているもの。(いじめ防止対策推進法 第2条より) 「いじめはどの学校・どの学級でも,どの子どもにも起こり得る」という認識を持ち,全ての児童が安全で安心に学校生活を送る中で,様々な活動に意欲的に取り組み,一人一人の個性や能力を十分に伸ばすことができるよう,「いじめのない学校づくり」に全力で努めていかなければならない。
  
 本校では,家庭,地域社会,関係諸機関との連携の下,いじめの未然防止及び早期発 見に取り組み,いじめが疑われる場合は適切かつ迅速にこれに対処するため,「学校いじめ防止基本方針」を策定した。
 いじめ防止の基本的な考えとして以下の5つをあげる。
(1)「いじめをしない,させない,許さない(見過ごさない)」という雰囲気をつく
   る。
(2)児童一人一人の自己有用感を高め,自尊感情を育む教育活動を推進す
   る。
(3)「いじめは絶対に許されない」という信念の下,教職員の人権意識を高め
   る。
(4)いじめの早期発見のために様々な手段を講じ,早期解決のために当該児
   童の安全を守るとともに,適切で毅然とした指導を行う。
(5)学校・家庭・地域そして関係諸機関との連携を深め,一体となっていじめ問
   題に対応する。


2 未然防止のための取組

 いじめの未然防止のために,児童一人一人が認められ,互いに思いやれる関係づくりに全校挙げて取り組む。また,一人一人を大切にした授業を展開し,確かな学力の定着を図っていく中で,達成感・成就感を味わわせ,自己有用感を味わい自尊感情を育むよう努める。保護者・地域に対しては,いじめに関する情報の共有と発見・解消に向けての連携に努める。(年間指導計画は別表)今回は添付していません
(1)学級経営の充実に努める。
  ○ 児童一人一人が自己実現を図れるように,子どもが主役の学級経営に
    努める。
  ○ 読書活動や体験活動などの推進により,児童の社会性を育むとともに,
    豊かな情操と円滑なコミュニケーション能力を養う。 
(2)「わかる授業」の展開に努める。
  ○ 生徒指導の機能を重視した授業の展開に努め,確かな学力の定着を図
    る中で,達成感・成就感を味わわせ,自己有用感を味わい自尊感情を
    育むよう努める。
(3)道徳教育や人権教育の充実に努める。

  ○ 全ての教育活動において道徳教育や人権教育を実践し,いじめを「しな
    い」「許さない」という人権尊重の精神や思いやりの心を育てる。
  ○ 道徳の授業を通して,児童の自己肯定感を高める。
(4)児童自らがいじめ問題について考えるような取組を推進する。
  ○ いのちを大切にするキャンペーン
  ○ 人権集会,いじめゼロ宣言
(5)教職員の言動でいじめを誘発・助長・黙認することがないよう細心の注意
   を払う。
(6)インターネットを通じて行われるいじめに対する対策を行う。
  ○ インターネットに関する現状把握に努めるとともに,情報モラル教育をす
    る。


3 早期発見のための取組

 いじめは大人の目に付きにくい時間や場所で行われたり,気づきにくく判断しにくい形で行われたりすることを認識し,いじめを隠したり軽視したりすることのないようにする。
(1)児童の声に耳を傾ける。
  ○「学校生活に関するアンケート」を年3回行う。
  ○ 教育相談週間を学期に1回実施する。
  ○ 相談箱(せんせいあのねばこ)を設置する。
  ○ 日記や生活ノートを活用する。
  ○ Hyper−QUによる学級生活状況調査を行う。
(2)児童の行動を注視する。
  ○ 全ての職員が児童の様子を見守り,日常的な観察を丁寧に行い,情報
    を共有する。
(3)保護者や地域,関係機関と連携する。
  ○ 保護者からの相談には,家庭訪問や面談により迅速かつ誠実な対応に
    努める。
  ○ 保護者対象アンケートを年2回行う。
  ○ 児童の変化に気付いたときは,早急に学校に相談することの大切さを周
    知する。
(4)相談・通報に係る体制を整える。
  ○ いじめ相談窓口を設置する。
  ○ 学校や家庭に話すことができない状況であれば,「いのちの電話」等の
    いじめ問題などの相談窓口の利用を周知する。
  ○ いじめについての相談や通報が抵抗なく行える環境をつくる。


4 早期対応のための取組 

 いじめ問題が生じた場合は,特定の教職員で抱え込まず,速やかに組織的に対応する。被害児童を守り通すとともに,教育的配慮の下,毅然とした態度で加害児童を指導する。
(1)いじめ問題の対処の流れ・・・別添「いじめ対応マニュアル」今回は添付し
  ていません
(2)いじめ対応の留意点
  ○ いじめを発見した場合は,まず,被害児童の安全を確保するとともに,校
    長に報告する。
  ○ 校長は,いじめの報告を受けた場合は,いじめ防止対策委員会を招集
    し,適切な役割分担を行い,被害児童のケア,加害児童等関係者の聞
    き取り等を行い,その後の対応方針を決定する。
  ○ 被害児童のケアは,養護教諭やスクールカウンセラー,その他専門的な
    知識のある者と連携した対応を図る。 
  ○ いじめが確認された場合は,被害児童・加害児童ともに保護者に事実関
    係を伝え,保護者への助言を行いながら,家庭との連携を図り問題の解
    決にあたる。また,事実確認により判明した情報は適切に提供する。
  ○ 校長は,必要があると認めるときは,加害児童について被害児童が使用
    する教室以外の場所において学習を行わせる等,被害児童が安心して
    教育を受けられるようにするために必要な措置をとる。
  ○ いじめ問題への対応は,いじめ問題を自分たちの問題として受け止め,
    主体的に対処できる児童の育成をめざしたものとする。
(3)重大事態への対処
  ○ 重大事態の基準(いじめ防止対策推進法 第28条より)
@ いじめにより当該学校に在籍する児童等の生命,心身又は財産に重大な
  被害が生じた疑いがあると認めるとき。
A いじめにより当該学校に在籍する児童が相当の期間学校を欠席すること
  を余儀なくされている疑いがあると認めるとき。
  ○ 重大事態が発生した旨を旭市教育委員会に速やかに報告する。
  ○ 旭市教育委員会と協議の上,当該事案に対処する組織を設置する。
  ○ 上記組織を中心として,事実関係を明確にするための調査を実施する。
  ○ 調査結果については,被害児童・保護者に対し,事実関係その他の必
    要な情報を適切に提供する。
  ○ 必要に応じて警察署への通報など,関係機関との連携を図る。


5 いじめ防止等の対策のための組織

いじめ防止等に組織的に対応するため,「いじめ防止対策委員会」を設置し,基本方針に基づく取組の実施,進捗状況の確認,定期的検証を行う。必要に応じて委員会を開催する。委員は以下のとおりとする。
 〈校内委員〉校長,教頭,教務主任,生徒指導主任,養護教諭,
       他関係職員(担任,特別支援教育担当,教育相談担当職員等)
 〈校外委員〉 スクールカウンセラー,保護者代表,関係機関の助言者等

6 その他
(1)職員研修について
  ○ 全教職員の共通認識を図るために,いじめを始めとする生徒指導上の
    諸問題等に関する校内研修を実施する。
(2)公表,点検,評価等について
  ○「いじめ防止基本方針」をホームページで公表する。
  ○「いじめ防止基本方針」が機能しているかを,PDCAサイクルの考え方に
   従い,「いじめ防止対策委員会」を中心に点検する。
  ○いじめ問題への取組を,保護者,児童,職員で評価する。
  ○点検結果及び評価結果を踏まえて,「いじめ防止基本方針」の改善に取
   り組む。






前のページへ ページの先頭へ